HOME>記事一覧>採用するにあたってのメリットとデメリット

どうして需要が増えているのか

現在はどの分野においても海外進出を計画する企業が増えており、それに伴ってプロジェクトの進行や商品開発を海外の企業と組むことなども増加しています。その場合、もちろんターゲットとなる消費者とビジネスの相手は外国人なので、日本語だけでなく外国語でもスムーズに仕事を進められることと、世界で成功できる高いスキルを持っていることが重要です。これらの高い能力を持った日本人の人材確保が難しい理由は、エンジニアを育てる日本の環境が影響しています。日本では新しいものを作り出すことよりも、決められたことをこなしていくという考え方が重要視されています。その一方で、海外ではクリエイティブな発想を大切にして育てていく環境が整っています。ゆえに、外国人エンジニアには今の求人条件がそろっていると言えます。

採用におけるメリットとデメリット

外国人エンジニアを採用するメリットは、まずモチベーションの高さです。現在、求人の多くはアジア諸国からが多く、それらの国での平均給与と比べると日本企業の給与は高く設定されています。スキルアップの意欲も高いので仕事に対する自主性が期待できます。そして、海外進出を計画している国の人を採用することによって、その国で企業の注目が高まり、プロモーションに繋がります。デメリットとしては、やはり生活習慣や言葉などの文化の違いです。宗教に応じて配慮したり、社内のルールを徹底させたりすることができるかどうかが課題です。双方の違いを理解し、コミュニケーションをとることで円滑に進めていくことが大切です。

広告募集中